スポンサーリンク




またぁ〜!墜落F15戦闘機嘉手納基地所属パイロット骨折!航空自衛隊が救助!

こんにちは。
11日午前6時25分ごろ、沖縄県那覇市の南の沖合およそ80キロの海上に米軍嘉手納基地所属のF 15戦闘機とみられる航空機が墜落しました。
沖縄県では去年から米軍基地所属のオスプレイの墜落や部品の落下等、事故が相次いでいます。
沖縄県民からすると「またか〜」という言葉しか出ません。
今回は海上での墜落と言うことで安心しましたがいつ住宅地に落ちるかと言う不安は拭えません。
乗員はパイロットだけのようですが、自衛隊に救助されたようです。
パイロットは命に別状はなく骨折だけで済んだようです
住宅地に墜落したら、大惨事ですよ💦

スポンサーリンク




翁長知事日本政府を批判

嘉手納基地所属F15戦闘機の墜落を受けて、翁長知事は、「当事者能力がない。子や孫の将来に責任を持てない」日本政府を批判しました。

日本政府を批判しました。

当たり前ですよね。

去年から相次ぐ米軍基地所属のオスプレイの墜落や部品落下、日米地位協定の壁で未だ原因を特定できなく、うやむやになってしまう現実。

命に関わる事ですよ。

誰でも怒ると思います!

F15戦闘機墜落トラブル続発で沖縄県が米に抗議!

沖縄県の翁長雄志知事ら県幹部は11日、米空軍嘉手納基地(嘉手納町など)所属のF15戦闘機が同県沖で墜落したことを受け、県庁で対応を協議した。小学校へのヘリコプターの窓落下や、相次ぐ不時着など米軍機によるトラブルが続発する事態を重く見て、近く米側に抗議する方針だ。
翁長知事は同日、県庁で記者団に、一連のトラブルに関し「一つも解決しないまま、また新たにF15が墜落した」と懸念を表明した。
米空軍は「安全確保のための手順を見直す間、現地での訓練飛行を一時的に停止する」と発表。「乗組員と地域の方々の安全は最優先事項だ」とも強調した。
引用元 : 河北新報

住宅地に落ちた!普天間基地近くの保育園に米軍機から落下物が。

今度は米軍ヘリから普天間第2小に窓枠が落下!ケガ人あり?

「撤去は沖縄大多数の願い」アメリカ公共放送PBSが特集!

米軍ヘリ高江に墜落!

地位協定ポータブルサイト

沖縄県の地位協定ポータブルサイトがあります。

他の国の地位協定もありますので、いかに日米地位協定が理不尽なものかが分かると思います。

沖縄県民は、相次ぐ軍用機の事故、米軍兵による事件や交通事故、日米地位協定の壁によって解決できず、理不尽な思いをし続けています。

そのため、以前から日米地位協定の改定を望んでいます。
この地位協定ポータブルサイトを読んで、他国との比較で不平等さを感じることができるでしょう!

黄色のマーカー地位協定ポータブルはこちら

地位協定ポータブル

まとめ

何度も軍用機の墜落が続く状況を国民のみなさんは、どう考えているのでしょうか?

毎日、上空を低空で飛ぶ軍用機をみたことありますか?
沖縄は、観光リゾートのイメージで旅行に来られる方がほとんどだと思います。

米軍基地問題は沖縄だけの問題ではなく、全国民が知るべき課題だと思います。

そろそろ、世界は平和を望む声が大きくなってきています。沖縄の米軍基地を撤去するしか、沖縄に平和は来ません。

アメリカに引き取ってもらうか、日本に米軍基地が
必要という人がいるならば、その県で引き取ってもらうしかありません。

沖縄県民は、米軍基地が沖縄でなくてはいけないという政府の見解が破綻していることを知っています。
国民が声をあげるしかないですね。

スポンサーリンク