スポンサーリンク




沖縄尚学スクールバスとワゴン車が正面衝突!対向車の運転手が死亡。

2018.5.12 22:00更新

こんにちは。
朝から嫌なニュースです。
沖縄尚学高校・附属中学校のスクールバスと
ワゴン車が正面衝突というニュースがツイッターで流れてきてびっくりしています。
というのもうちの子供達も沖縄尚学高校・附属中学校の出身で、下の子は在学中なのです。
今朝、学校側からスクールバスが接触事故に遭遇し、各自登校になるため、スクールバス利用者の出席は遅刻、欠席にはならないとの連絡がありました。
この文面からは、接触事故ということで小さな事故だと思っていました。
ニュースをみてびっくりしました。
生徒達は命に別状はないということなので、ホッとしましたが、
対向車の運転手はお亡くなりになられたようです。ご冥福をお祈りします。

スポンサーリンク




事故にあった生徒の証言「スクールバスは悪くない」

スクールバスに乗っていてケガをした生徒のツイッターでの反論です。

対向車が突っ込んできたため、スクールバスの運転手は避けようといていたと証言しています。

この事故は全国的なニュースになっています。

あることないこと目測でネットに書き込むことはやめましょう!

事故に遭われた生徒が傷つきます。

スクールバスとワゴン車が正面衝突

12日午前6時40分ごろ、沖縄県うるま市こ県道で、沖縄尚学高校・附属中学のスクールバスとワゴン車が正面衝突し、ワゴン車の30歳男性が亡くなりました。
スクールバスには、沖縄尚学高校・附属中学校の生徒14〜15人が乗っており、那覇市にある学校へ向かう途中でした。中・高校生徒と運転手と合わせて18人が病院に搬送されました。生徒たちの何人かケガをしているようですが、いずれも命に別状はないということです。
うるま署によると、現場は片側2車線の直線道路で、ワゴン車が対抗車線にはみ出して止まっている状態だったようです。

スクールバスが衝突事故、対向車の運転手が死亡 沖縄

12日午前6時35分ごろ、沖縄県うるま市宮里の県道で、ワゴン車と沖縄尚学高校・付属中学のスクールバスが衝突し、ワゴン車を運転していた、うるま市与那城照間の左官、根神健太さん(30)が死亡した。スクールバスの中高生16人のうち2人が腰や鼻、運転手が手首をいずれも骨折する重傷。ほかにも軽いけがをした生徒がいる模様。
うるま署によると、現場は片側2車線の直線道路。署は、現場の状況から、ワゴン車が対向車線にはみ出し、バスに正面衝突したとみている。当時、雨で路面がぬれていた。
沖縄尚学によると、スクールバスは、うるま市から本島中部を経て那覇市内の学校に向かう途中だった。
引用元 : 5/12(土) 8:51配信 朝日新聞デジタル

学校側からのメールでは…。

今朝、学校側からスクールバスが接触事故に遭遇
し、各自登校になるため、スクールバス利用者の出席は遅刻、欠席にはならないとの連絡がありました。
この文面からは、接触事故ということで小さな事故だと思っていました。

今朝6時40分頃、学校バスCコース1号車が、中部病院付近を走行中に接触事故に遭遇しました。現在、警察および関係者から事故の詳細について情報を収集し、職員を現地に派遣し対応を始めているところです。なお、一部の生徒には各自で登校手段を確保していただく結果となりました。同コースを利用する生徒・保護者の皆様に、ご報告とお詫びを申し上げます。同コース利用の生徒は、出席簿上は「遅刻」「欠席」とはなりませんので、あわせてご連絡いたします。
引用元 : 5/12(土) 8:51配信 朝日新聞デジタル

まとめ

沖縄尚学高校・中学校は、県内各地から通学するため、朝早くからスクールバスで登校している生徒が多いです。
今回の事故、死亡事故となってしまい、スクールバスに乗っていた生徒達が心配です。
ケガをされた生徒はもちろんのこと、乗っていた生徒の生徒のフォローもしないといけないですね。
梅雨の時期、雨で路面が滑りやすくなっていたかも知れません。
交通事故にはくれぐれも気をつけてほしいです。

スポンサーリンク




沖縄

Posted by sky-mint