スポンサーリンク




陸上自衛隊ヘリ「アパッチ」が民家に墜落!

2018年2月24日

陸自ヘリが佐賀で民家に墜落!

午後5時ごろ、佐賀神崎市の小学校近くの民家に陸自「攻撃機ヘリアパッチ」が墜落!

住宅炎上!乗員1人が心配停止だそうです。

住民は、4人家族のようですが、小学生の娘は無事保護されたようです。他住民は外出していてけが人はいない模様。

整備後の点検飛行中の事故、前から落下するように墜落したそうです。

沖縄では、米軍ヘリの墜落や部品落下など、事故が頻繁におきています。

自衛隊ヘリも同じくヘリが頭上を飛行することの危険度を感じる事故です。

スポンサーリンク




交換した部品は新品ではなく、中古品だった!

事故直前に定期整備で交換した部品「メイン・ローター・ヘッド」は新品ではなく、中古品だったことが防衛省の取材で分かった。

これまで防衛省は、「新品と交換した」と説明していて、

その後、防衛省が整備記録などを調べたところ、このメイン・ローター・ヘッドは以前に、別の同型機に取り付けられていたことが判明した。

米ボーイング社製で、日本でライセンス生産している富士重工業(現スバル)が購入したもののようだ。

防衛省関係者は、新品と公表した理由について、「確認が不十分だったと話しているという。(2018.2.14追加)

アパッチAH-64

AH-64は、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング)が開発した攻撃ヘリコプターである。アパッチ(Apache)の愛称は、アメリカ先住民のアパッチ族に由来する。

AH-64D アパッチ・ロングボウ

陸上自衛隊のAH-64D

陸上自衛隊のAH-64D

用途:対戦車・対地攻撃(対空攻撃)

分類:攻撃ヘリコプター

製造者:マクドネル・ダグラス(現ボーイング)社

運用者

アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国(アメリカ陸軍)

イギリスの旗 イギリス(イギリス陸軍)

イスラエルの旗 イスラエル(イスラエル航空宇宙軍)

日本の旗 日本(陸上自衛隊)他

初飛行:1991年3月11日

運用開始:1996年

運用状況:現役

ユニットコスト:

米国 1,800万ドル(2007年)

日本 約52億円(2012年)[1]

表示

AH-64D アパッチ・ロングボウ(AH-64D Apache Longbow)は、マクドネル・ダグラス社(現ボーイング)が開発したAH-64A アパッチにロングボウ火器管制レーダーを搭載し、大幅な能力向上を図ったAH-64の派生型。アメリカ陸軍の他、日本の陸上自衛隊などでも採用されている。 アパッチ(Apache)の愛称はアメリカ先住民のアパッチ族に由来する。

攻撃ヘリコプター(こうげきヘリコプター、Attack Helicopter)は、武器を搭載し、対地攻撃を主任務とする軍用のヘリコプターである。

防衛省および自衛隊においては、日本国憲法第9条との兼ね合いから「攻撃」という表現が避けられる傾向にあるため、陸上自衛隊では装備するAH-1Sを対戦車ヘリコプター、AH-64Dを戦闘ヘリコプターと呼んでいる。

 

引用元 : Wikipedia

 

ツイッターより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク