スポンサーリンク




オーストラリアメルボルンのおすすめホテルとクィーンズマーケット!ラーメン店「元助」も人気!

2018年10月18日

こんにちは。

メルボルン最終日、夜中のフライトなのでチェックアウトした後、前日行けなかったクィーンズマーケットへお土産を買いに出掛けた。

今日でホテルともお別れ!

お部屋も最高でした。

「Clarion Suites GATEWAY」交通も便利で、おすすめです。またホテルマンのお兄さんも面白くて優しくて、また泊まりたいですね。

スポンサーリンク




電子レンジ汚れの請求は?

メルボルン最終日、チェックアウト11時に合わせて、ゆっくり起床して、帰る準備をした。
帰りのフライトが深夜便なので、子供たちは、ギリギリまで寝かせて、大慌てでチェックアウト!
気になっていた焦がした電子レンジの請求もなくホッと一安心。〔夜中に大騒ぎして保険会社への国際電話したりと、あれはなんだったのだろうのと(笑)〕
詳しくは、前回のブログをどうぞ。⬇
メルボルン2日目

ガスレンジの使い方を教えてくれたカッコいいホテルマン!

キッチン付きのアパートメントタイプのステキな

お部屋でした。

自炊しようと冷凍食品や卵などを買い込み、

いざ調理しようしたら、ガスレンジやオーブンの使い方が分からず、フロントのお兄さんに直接教えてもらう事に。

そのステキなお兄さんが、彼です!⬆

ありがとうございました😊

最大のマーケット!「クイーンズマーケット」

帰りの便は、夜中の0時45分発、

たっぷり時間があるのでスーツケースをフロントに預けて、

虹色散歩に参加できなかった「クイーンズマーケット」へ!

トラム(路面電車)の乗り方もだいぶ慣れ、

今日は初めての方角に挑戦!

間違えていないかドキドキしながら、慌てて降りたら、

ひと駅早かった😰

でも無料なので、もう一度乗ればいいので、問題ない。

「ただ」

ってのがいい!

注意しなくてはいけないのは、クイーンズマーケットは、無料区間ギリギリのところにあるので、過ぎてしまったら、まずい😱

無事、目的地に到着!

マーケットに入ってみた。

おっ〜、那覇の市場だ〜!

規模はかなり、大きい!

精肉コーナー、野菜コーナーを通り、お土産になるものを探してると、

小物や洋服、雑貨屋さんを見つけた。

最初に入ったところは、値札がなく、いちいち聞かなくいけないのでめんどくさい!

会計も計算機も使わず、適当!

安いと思って買った品物、ん〜、計算あたってる?

息子が言うには、ここは値切って買うところじゃない?

案の定、奥のお店は、値札があって、さらに安い😰

失敗した!

まっ、街よりは、安いからいいか。

オーストラリアドルも使わないといけないから。

と娘を慰めながら、ぶらぶらした。

マーケットの広場でのライブ!

ラーメン店「元助」

そろそろ、お昼時間、娘がラーメンを食べたいと言うことで

日本人経営の「元助」へ!

息子が飲んだカルピスウォーター!

よく見るとなんか変?

「カルピコ」

ラーメンは、味も細かく注文できて、おいしかった!

メルボルンの信号機

そうそう、メルボルンの信号機は、黄色は無くて、赤と緑と赤の点滅がある。

日本人の感覚だと赤の点滅だと「急いで」と

あおられているようで、走っちゃう!

でも、ここでの点滅は、

点滅ランプから、道路に入ってはいけないということだそう!

赤の点滅でも歩いている途中なら、

ゆっくり渡ってもOKらしい。

点滅からの横断はNG!

どおりでみんな慌ててないんだね。

ちょっと早いけど、ホテルに戻って、スーツケースを受け取って、

タクシーでメルボルン空港へ!

帰りもJALプレミアムエコノミー!

座席指定していないので、早めに手続きをすることに!

しかし、すでに、3人並び席はなく、2人と1人に分かれると。

娘は、飛行機の中の狭いところでは、吐き気とかするので、知らない人が隣だと緊張するので、できれば、一緒がいい。

どうにか出来ないか無理なお願いをしたが、交換してくれる人が見つからないと無理だとの返事。

諦めて、ゲートにむかっていると、呼び止められ、できそうとのこと。

近くにいた3人の女性グループの1人は、ビジネスにアップグレードしてもらったと喜んでいる。

そっか、私たちのために彼女にお願いしてくれたんだね。

さすが、JAL♪

もしかしたら、そのままだったら、ビジネスだったかな?

娘は、ビジネスだったら、1人でも大丈夫だったのにと。

ん〜、残念!

搭乗まで、空港のラウンジで一休み!

搭乗!また、アクシデントが。

ラウンジで休憩して、20分前に搭乗ゲート16番へ行くと、

誰もいない。

嘘でしょ!息子が掲示板で確認すると「11番」ゲートになっている。

チケットを確認してもやっぱり「16番」

変更の放送があったかも知れない。

ここは、かなり奥で、戻るにも10分くらいかかる。

大急ぎで戻って、なんとか間に合った!

プレミアムエコノミーなので、優先搭乗ができたのに、

残念でした!

メルボルンから無事、成田に到着!

これから、また羽田に移動して、那覇空港まで2時間半、

沖縄は遠い!

スポンサーリンク