スポンサーリンク




国会前大集合に5万人集まる!森友公文書改ざん加計問題で抗議安倍退陣コール!

4月14日国会前には、早くから多くの人たちが集まり、安倍首相退陣、内閣総辞職を求めて国会前大集合抗議デモが行われました。

今日の国会前には、両脇の歩道は人であふれかえり、時間とともに人出はどんどん多くなってきました。

森友・加計の公文書改ざん問題や加計学園獣医学部新設をめぐり、安倍総理の関与が疑われている今、いまだ解決できず、疑惑はますます深まりそうです。

参加者は、「安倍政権は嘘をつくな」や「国民を舐めるな」「改ざん内閣総辞職」などのプラカードを掲げ、「安倍はやめろ!」や「総辞職」というコールが響き渡りました。

国民が怒りをあらわにするのは当然で、これからももっともっと増えるのではないかと思います。

主催者発表によると、国会前の抗議デモの参加人数は、約5万人。
また、同日には、札幌や名古屋、大阪、福岡などの各地でも同じような抗議集会デモが行われており、参加者の総数はもっと増えることでしょう!

スポンサーリンク




森友学園公文書改ざんと加計学園問題に対する抗議とは?

今回の官僚による公文書の改ざんや隠ぺい、加計学園の獣医学部新設をめぐる安部総理との関わりをうやむやにすることは、民主主義の崩壊であり、安部内閣が責任を取るべき事態であることを国民がやっと気付いた抗議活動ではないのでしょうか?

抗議デモに対する過剰なまでの警備

今日は、森友学園の公文書改ざんの発覚以降行われた官邸前の抗議活動やデモを上回る参加者で若者や子供連れも目立ちました。

2015年の安保法制抗議デモ以来、国会前は初めて安部総理に怒りをぶつける人であふれました。

これに対し、警察は、過剰な警備で車道を鉄柵で封鎖し、人びとが溢れかえっている中、ますます危険な状態に追い込んで行きました。

しかし、抗議開始から1時間半後の15時30分ごろには、抗議する人もどんどん増えていき、ついに鉄さくも決壊しました。

官邸から警察庁・警視庁も圧力が加えられており、ますます警備が過剰になり、封鎖するのです。

過剰警備は、安保法制時の国会デモでマスコミが報道した車道にあふれる人に官邸が激怒、その後の大きなデモは、警察庁や警視庁への官邸からの圧力で車道を封鎖するようになったと言うことです。

これは今に始まったことではなくて、沖縄の普天間基地の移設先である辺野古の新基地反対運動の現場ではよく見る光景で、
安部政権のやり口ですね。

まとめ

今回の安部政権への抗議集会が成功したのは、官僚の中に正義感のある人が出てきた事とメディアが官邸を忖度することなく確かな情報を流したからではないでしょうか?
それでも安部政権を擁護する人が少なからずいる事に、違和感を感じますね。
これから政府の中や与党の政治家の中からも正義感のある人が出てくる事を期待したいと思います。

スポンサーリンク




政治

Posted by sky-mint