スポンサーリンク




久米島はての浜までの行き方は船で20分!シュノーケリングや海水浴で楽しもう!

2018年4月17日

こんにちは。
久米島の東5㎞の所に位置する砂浜だけの無人島の『はての島』沖縄の人気ビーチランキングでも常に上位に入る人気スポットです!はての浜までの行き方は船でしか行くことができず、送迎船やグラスボートで渡る事になります。はての浜では海水浴やシュノーケリングを楽しむ事ができます。

久米島ってどこ?

久米島は、沖縄本島那覇市西方約100㎞にあり、離島の中でも本島に近く、比較的アクセスが便利な所です。
上空から見る久米島は、群青色の海に浮かぶ小さな島は、コバルトブルーやエメラルドグリーンの色に輝いています。
その海にはサンゴ礁と多くの生き物が住んでおり、そのサンゴや生き物たちの営みが
長い年月をかけ、サンゴ岩やビーチの砂を作り出し、島を形作ってきたのです。
久米島は、世界でも有数の久米島は琉球時代から最も美しい島です。
【球美(くみ)の島】と呼ばれ、美しい自然が手つかずのままで残っている島で、国際条約による自然保護区があり、天然記念物や島固有の珍しい動植物が生息しています!
そんな稀少な自然や生き物たちに再接近できます!
絶滅危惧種のうみがめを触ったり、在来種の海がめを触ったり、在来種の馬とビーチを散歩したり、驚く特別な体験ができます。

スポンサーリンク




久米島までのアクセス

飛行機

(1日7便)

所要時間30分

那覇ー久米島

航空会社ーJTA、RAC

お問い合わせ : JAL/JTA/RAC  TEL0570-025-071

フェリー

(1日2便、ただし月曜日は午前1便のみ)

沖縄本島・泊港ー久米島・兼城港

所要時間 : 久米島直行便ー2時間50分

渡名喜経由便ー3時間20分

お問い合わせ : 久米商船株式会社 TEL098-868-2686

はての浜

はての浜は、久米島の沖合い7㎞〜11㎞に横たわる砂州は東洋一といいわれ、真っ白い砂とコバルトグリーンの世界が広がっています。

はての浜への行き方は、一般的に送迎船やグラスボートを利用します。約20分で島に渡れます。

ビーチに上ると、砂浜は360度さえぎるものはなにもなく、周囲の浅い海には多くの生き物が見れます!

潮がひくときれいな砂紋が出現!

砂浜の形は潮や波の影響で毎日変わります。

満潮でも沈むことのない砂浜は、初夏にはウミガメ、チドリ、アジサシたち海鳥の産卵場にもなります。

はての島は「東洋一美しいビーチ」と言われています。

浜のまわりは遠浅の海が続き、膝くらいまで浸かるくらいで色とりどりの魚を見ることができます!

シュノーケリングツアーもあるのでいろんな生き物に出会いたい方は、参加してみるのもいいのではないでしょうか?

シュノーケリングツアー

http://option.okitour.net/area_kume/?sort=9

 

 

まとめ

久米島は周囲48㎞の小さな島ですが、自然が多く残っていて綺麗な島です。
特にこの「はての浜」は真っ白な砂浜に青い海と写真のような光景が目の前に現れると感激すること間違いありません。
大人は、シュノーケリングをおすすめしますが、小さい子でも貝拾いなど、充分に楽しめると思います!
那覇からも近く、日帰りでも大丈夫だと思います!

スポンサーリンク