スポンサーリンク




レオパレス伝説は本当だった!ガイアの夜明けで発覚!防火壁がないゴールドネイルの屋根裏!

2019年3月17日

スポンサーリンク




ガイアの夜明けでレオパレス21の違法建築が発覚!

レオパレスのゴールドネイルという木造アパートの屋根裏にはあるべきである防火壁がないというスクープをテレビ東京の「ガイアの夜明け」が独自調査した結果、驚くべき証言が…。

 

① 建築基準法違反で図面通りにできていない。

② 住むための建物ではなく、お金儲けの建物。

③ 世の中に存在してはダメな建物。

④ レオパレス側は発売当初から知っていたにもかかわらず、20年間放置していた。

 

5月29日賃貸アパート大手の『レオパレス21』が全国に建設しているアパート206棟に住戸間を仕切る屋根裏の界壁に施工不備があることが分かりました。

界壁は防火・遮音性能の上で必要とされており、法律でも、義務付けられています。

オーナーからの指摘で書類と実際の施工が違うことが発覚、施工アパート3万7853棟の調査を進めているようです。

平成6年〜21年に建設した東京、神奈川県、大阪、兵庫などのアパート474棟のうちの界壁なしが185棟、施工不備21棟で、計206棟は建設基準法違反の疑いがあり、補修工事の費用は、1棟当たり約60万円としています。

防火壁

火災が発生した時に火が広がるのを防ぐ役目があり、法律で設置が義務づけられています。

ゴールド・ネイル

全国に約1,000棟ある木造アパートの物件で、1994年に発売開始後ゴールドネイルは、レオパレスがバブル崩壊で大きく傾いた時に業績をV字回復させたと言われる人気の物件です。

レオパレス側の対応

レオパレスの管理本部長の田尻和人専務は「多大なる御心配とご迷惑をおかけし、深くお詫びする」と陳謝しながらも、「防火面でただちに危険があるとは認識していない。音漏れがしすぎて、住むのに支障があると言う事ではない」と釈明しました。

同社は問題の原因として、界壁が記載されていない図面を施工業者に渡していたことや検査体制に不備があったことを挙げました。

レオパレス伝説

☆ エアコンが勝手に切れる。

☆ チャイムが鳴らされたと思ったら、四軒隣の部屋だつた。

☆ チャイムが聞こえ今度こそはと思ったけど、やっぱり隣の部屋だった。

☆ チャイムを鳴らしたら住民全員出てきた。

☆ ティシュを取る音が聞こえてくるのは当たり前、携帯のポチポチが聞こえることもある。

☆ 爪切りの音も聞こえる。

☆ 納豆をかき混ぜる音もきこえる。

☆ 壁ドンしたら壁に穴があいた。

☆ 穴があいた後もあくまえと聞こえる音は変わらなかった。

☆ 壁に画鋲をさしたら隣の部屋から悲鳴が聞こえた。

☆ 隣二部屋を借り、「これで防音バッチリだ」と思ったが、さらにその向こう部屋の音が聞こえた。

☆ 右の隣の部屋の住民が屁をこいたら、左の部屋の住民が壁ドンしてきた。

☆ すかしっぺの音が聞こえる。臭いもする。

☆ だけど家賃6万円。

☆ 業績悪化でさらに壁が薄くなる。

☆ 将来的には壁がなくなる可能性も。

 

レオパレス伝説、冗談だと思わせるところもたくさんありますが、

今となっては、壁が薄くプライバシーがない物件だと言うことがわかりますね。これも手抜き工事ということなのでしょうね。

 

ガイアの夜明けのスポンサーはレオパレス?

「ガイアの夜明け」のスポンサーは「レオパレス」だと言うことですが、ほんとうでしょうか?

テレビ番組はスポンサーが命だと思っていたのですが、本当なら凄いですね〜!

視聴者としては応援したいです!

スポンサーのいらないNHKは

何をしているのでしょうか?

NHKこそこう言う番組を作るべきです!

まとめ

レオパレスは、建物を30年一括借り上げする賃貸管理会社でオーナーがいます。

こう言う事件になるとこれから先、経営も大変ですよね。

オーナーさんの生活にも関わってきます。

会社も責任持って保証してもらいたいですよね。

とにかく事故が起こる前でよかったと思います!

 

 

 

スポンサーリンク