スポンサーリンク




レンタカー『外国の方が運転しています』ステッカー!

2018年2月24日

flok85 / Pixabay

観光立県沖縄、豪華客船が就航し、外国人観光客が増え、困っていることとは?

沖縄経済を支えている観光客、外国からの観光客も毎年増えてきて喜ばしいことなのですが、レンタカーに関しては、交通マナーの違う外国人は事故が多く、問題になっているようです。

そこで考え出された「外国人が運転しています」ステッカー。

さて、効果のほどは?

スポンサーリンク




ステッカー

最近よく見る「外国人の方が運転しています」ステッカー!

シーズンの今、渋滞中の車列に入るとステッカーを貼ってある

車が多いこと。

鉄道のない沖縄、ただでさえ渋滞している道路、特に夏は観光

客が増え、レンタカーも使う観光客も多いです。

荷物が多い観光客、レンタカーは便利だと思います。

県レンタカー協会によると、レンタカー利用台数のうち、9割

は、外国人観光客で、韓国、台湾、香港の順に多いそうです。

しかし、その中でも、3000件もの事故が外国人観光客だという

ことです。

その数は、日本人観光客の3倍、いかに他国での運転が危険かと

いう事だと思います。

「外国人が運転しています」ステッカー

沖縄経済

でも沖縄の経済は観光客で持っているのも事実です。

2016年度、2017年2月までの入域観光客数799万700人、

4年連続で過去最高更新だそうです。

クルーズ船

最近では、クルーズ船の寄港が増えたのも更新の理由のようです。

それに伴い、外国人観光客のレンタカー貸出数も更新のようで

外国人観光客によるレンタカーの交通事故も増えている現実。

それの対処策として、「外国人の人が運転しています」ステッカー。

ステッカーには「不慣れな外国人が乗ってますよ」と県民に注

意を託す意味があるということですが、ステッカー貼られて

も、事故を未然に防ぐ術はないような気がします。

左ハンドル、右側通行、標識の違い、言葉の問題などやっぱり

危険度はやっぱり高くなります。

外国人向け定期観光バス

最近では、外国人にも安心な三者通話通訳サービスシステム導

入した観光バスもあるようです。

タブレット端末を利用した翻訳サービスのようですね。

沖縄で楽しい思い出を持ち帰ってもらうためにも、

なるべく安心安全な観光バスをぜひ利用してもらいたいです

ね。

スポンサーリンク