スポンサーリンク




むぎ(猫)が歌う「天国かもしれない」は、CMソング!CDも面白い!

2018年6月25日


更新日 : 2018 . 6.25

こんにちは。
沖縄には「BEGIN」「キロロ」「HY」「モンゴル800」
「かりゆし58」「安室奈美恵」と色々なアーティストがいますが、
今、私がオススメするアーティストは天国帰りの猫、「むぎ(猫)」です。 「むぎかっこねこ」と読みます。

発売されているCDの曲もおもしろい歌がたくさんあって得した気分になりました!
曲も歌詞もとーってもいいです!

この曲を聴くと大人から子どもまで癒されると思いますよ!

特に「天国かもしれない」と「どんなふうに」はおすすめしたい曲です!

この「天国かもしれない」という曲は、沖縄でCMソングになっていますよ。

琉球銀行とローソン沖縄のテレビコマーシャルで流れていますよ!

ちなみに天国帰りのむぎ(猫)は天使の輪はバームクーヘン。
なぜバームクーヘンかなぜ天国から戻ってきたか物語になっています。

人気急上昇中、沖縄のアーティスト「むぎ(猫)」

去年から沖縄のイベントに時々現れるむぎ(猫)、沖縄では有名なアーティスト猫です!
むぎ(猫)が歌う「天国かもしれない」は沖縄のローソンや銀行のイメージソングにもなっていて、とてもステキな曲です。
さらに木琴を叩きながら歌うむぎ(猫)はかわいい!木琴の腕前もびっくりするほどうまい!
小さなお子さんから大人まで一度聞いたら絶対にもう一度聞きたくなる曲ばっかりです!
なんかほんわかする曲ばかりで、癒されます。
猫自体が癒されますからね。
そうそう、犬好きだった私が猫を飼うキッカケになったのも「むぎ(猫)」なんですよ。
動画もいっぱい出ていますので、聞いて癒されて下さいね。

 

イベントのスケジュールは下記のむぎ(猫)のホームページからどうぞ!
むぎ(猫)ホームページ
RBCiラジオ
ROKチャリティーミュージックソング
ROKラジオ沖縄アイモコ音楽農園

スポンサーリンク




むぎ(猫)プロフィール

1997年7月 東京生まれ

2002年に飼い主ゆうさくちゃんの故郷、沖縄に移住。

2009年に永眠。!

〜2014年まで 天国暮らし。

2014年3月 飼い主ゆうさくちゃんによる手作りの新しい身体を手に入れ、

再び、この世に戻り、音楽活動を始める。

決め台詞は、「あちょー!」

鉱物は、肉まんとかるかん(まんじゅう)

名前の由来は、ゆうさくちゃんのあだ名が「米」だった

事から「むぎ」になったそうです。

飼い主ゆうさくちゃんのプロフィール

名前:米須雄作

年齢:37歳

生まれ:沖縄県うるま市

活動:むぎ猫の飼い主兼マネージャー

天国帰りの猫(物語)

脚本:カイヌシゆうさく

これは、むぎちゃんと飼い主ゆうさくちゃんとのお話し。

今から20年前、東京に住んでいたゆうさくちゃんは、

夏のある日、野良猫の子として生まれた子猫を引取りました。

名前をむぎと名づけました。

むぎとゆうさくちゃんは、いつもいっしょ!

毎日仲良く楽しく暮らしていました。

沖縄に引っ越してからもむぎは、家族の人気者。

みんなを笑顔にしてくれました。

むぎとゆうさくちゃんと出会ってから12年、避けることの出来ないお別れの時が

きました。

冬のある日、むぎは死んでしまったのです。

ゆうさくちゃんは、むぎのいない寂しい毎日を過ごしました。

「あーあ、むぎに会いたいなー」

何度も何度もそう思いました。

そんなある日、ゆうさくちゃんは、東京からやってきた犬のジョンさんに

出会いました。

そしてなんとジョンさんからむぎを天国からよみがえらせるヒントを

もらったのです。

ゆうさくちゃんは、家に帰りすぐにむぎを天国から返す準備を始めました。

〜一方その頃天国では〜

むぎ:何にもない、何にもない。

神様:なんじは・・・。

むぎ:はい。

神様:なんじがむぎと申すものか?

むぎ:そうです!私が、むぎです!

神様:なんじよ!だから今何時よ!

むぎ:そうか、そうか。だいたい、お昼の3時くらいかな?

神様:なんじよ、ゆうさくちゃんを覚えておるか?

むぎ:はい、もちろん覚えてますよ。

神様:ゆうさくちゃんが呼んでおるぞ。

むぎ:そうなの?

神様:下を見てみろ!

(ゆうさく:おーい!むぎー!戻っておいでー!)

むぎ:呼んでる。

神様:下に戻りたいか?

むぎ:戻りたい。

神様:じゃあな、ゆうさくちゃんだけじゃあなく、みんなを楽しませなければ

いけないぞ!

むぎ:みんなを楽しませる?むぎ、それ得意かも知れない。

歌ったり、踊ったり!

神様:そうじゃ、そうじゃ!

それでは、天国から下に戻るには、天使の輪が必要なんだが、

何か天使の輪にかわる天国において置けるものはあるか?

むぎ:かわりに置いて置けるもの?

うーん、そうだー!肉球でもいいの?

神様:肉球でもいいぞ、いいぞ!

むぎ:じゃあ、はい、肉球!

神様:はい、肉球、受け取った。

それじゃあな、むぎちゃんに合う天使の輪は・・・。

むぎ:えー?バームクーヘン?

神様:バームクーヘンに見えるけど、普通のバームクーヘンじゃないからな!

帰るときにもこれ使うから、食べたり、なくしたりするんじゃないぞ!

むぎ:分かった。けむり出た?

神様:出とる。出とる。笑っちゃうくらい出とるぞ!

むぎ:じゃあ、行ってくるね。

神様:いってらっしゃい!ちゃんと帰ってこいよ!

天国かもしれない

🎵『天国かもしれない』の歌詞🎵

1. 大人になったら 子供の気持ちは 忘れちゃうのかな?

不安やドキドキ 怖い思い出も 大切なのに

手に触れなくても 目に見えなくても 味がしなくても

大好きなものを カバンに集めて 宝物にしたい

行きたいところは  たくさんあるのに

帰りたい場所は ひとつだけ

🎶ぼくはここにいるよ きっとそばにいるよ

神さまがいなくても 楽園じゃなくても

ぼくはここにいるよ ずっとそばにいるよ

きっとここは 天国  多分 ヘヴン🎶

 

2 . 大人になっても 子どもの気持ちは忘れないんだな

ワクワクしたり  泣いたり  笑ったり  減っていくけど

カバンの中に  集めたものを  机に広げて

これはこうだとか  あれはああだとか  君に話したい

遠くに行っても  帰りたくなるよ 大好きな人を 思い出して

🎶ぼくはここにいるよ きっとそばにいるよ

神さまがいなくても 楽園じゃなくても

ぼくはここにいるよ ずっとそばにいるよ

きっとここは 天国  多分 ヘヴン

きっとここは 天国  多分 ヘヴン🎶

むぎ(猫)「天国かもしれない」youtubu</a

むぎ(猫)前半 イオンモールライカム youtube

むぎ(猫)後半 youtubu

どんなふうに

🎵『どんなふうに』の歌詞🎵

星の光る夜には 声が 遠くまで響く

また雲が空を隠す前に 歌いながら 帰ろうね

今日がずっと続けばいいと 思っていたよ ぼくだけかなぁ

言葉だけじゃ 足りないことは わかってるけど 気持ち伝えたい

《 君に届くまで》

「おはよう」から「おやすみ」するまでに

足りない言葉がいくつもある

初めての「気持ち」に出会えたら  どんなふうに話すの?

オー オー オー  (どんなふうに)

オー オー オー  (どんなふうに)

オー  オー オー (どんなふうに)

2 . 月の光る夜には影が  闇の中に落ちる

影の中の影が僕らさ  踊りながら帰ろうね

明日はきっと  いい日になると  思っているよ  僕だけかなぁ

気持ちだけじゃ 足りないことは  わかってるけど 言葉伝えたい

《 きっと 届くから 》

「よろしく」から「さよなら」するまでに

足りない言葉がいくつもある

初めての気持ちに出会えたら  どんなふうに話すの

オー  オー  オー  (どんなふうに)

オー  オー  オー  (どんなふうに)

オー  オー  オー  (どんなふうに)

オー  オー  オー  (どんなふうに)

オー

 

むぎ(猫)『どんなふうに』

天国帰りの猫・むぎくんが歌う『天国かもしれない』は、私の中では、久しぶりのヒット曲、すごくステキな曲です。

沖縄では、あちらこちらに出没して有名人?(猫)でしたが、今では、全国的に活動の場を広げているようです。

11月28日〜29日に行われる国内最大級の野外フェス「フジロック・フェスティバル2017」にむぎ(猫)くんも出演予定!

むぎ(猫)天国帰りの猫 物語

むぎ(猫)とは?

♫歌って踊って、木琴も奏でる。人気急上昇の猫です</span

むぎ(猫)は、歌って踊って、木琴の演奏までできる猫だ。普通の猫と違う点はただ一つ、「天国帰り」という事。8年前に永眠して5年間の天国暮らし。2014年3月に飼い主のゆうさくちゃん(米須雄作さん)が手作りで新しいカラダを生み出し、再びこの世に舞い戻ってきた猫なのだ。

異色の存在ながら愛くるしい外見と確かな演奏力、エンターテイメント性の高いステージで人気を集めるアーティストだ。今年6月にはワンマンライブも成功し、オリジナルアルバムもリリースした。りんご音楽祭(長野県)などにも出演し、県外へ活動の場を広げている。

♫「みんなの笑顔がみたくて」・・・むぎ(猫)

―どうして音楽をしているの?

「天国から戻ってきた時は、音楽どころか、言葉も話せない普通の猫でした。ゆうさくちゃんと一緒に、那覇市の国際通りや北谷町美浜を散歩するだけで満足。猫関連のイベントに招待された際、『なにかパフォーマンスしたいな』と考えて。音楽に決めたのは、バンド活動をしていたゆうさくちゃんの影響かな」

「そのイベントで観客の反応がとても良く、多くの人から名前を呼んでもらって僕もうれしくて。ゆうさくちゃんも『本当にむぎが生き返った』と大喜び。もっとみんなに喜んでもらいたくて、本格的に始めました」

―ライブは年間にどのくらいですか?

「30本くらいでほぼ毎月あるかな。東京や京都、群馬、長野にも行きました。アルバム『天国かもしれない』もリリースしたので、もっともっと沖縄で演奏したいし、県外にもお呼ばれされたい」

「6月24日のワンマンライブ(那覇市・桜坂劇場)では、観客230人以上が集まりうれしかった。僕は体力的に40分くらいが限界ですが、ワンマンライブだと2時間…。どうしようと悩みましたが、合間合間に撮り下ろしの映像上映を挟むことで解決。エンターテイメント性も高まり、僕も一息つけて最後まで歌えました」

―むぎ(猫)の魅力を教えてください。

「歌だけではないエンターテイメント性かな。大人も子どもも、初めてのお客さんも楽しめる舞台を目指して、ちょこちょこ工夫しています。踊ったりコントをいれたり。楽器の演奏もそう。僕の指だとピアノは鍵盤がひけず、ギターだと弦を抑えられないけど、木琴ならいけます。ゆうさくちゃんがドラマーなので、練習はみっちり。ぜひ、みんなにきいてほしい」

「ビジュアル的に子ども向けかな~と思われがちだけど、実はファンのほとんどは大人。ポップなメロディに、言葉遊びのある歌詞が受け入れられていると思う。今後も頑張っていくので、応援お願いします」

引用先 : 沖縄タイムス(2017年)

https://goo.gl/images/MXpZXU

 

むぎ(猫)ツイッター

むぎ(猫)ホームページ

まとめ
むぎ(猫)は、今全国各地のイベントに参加していて、もう有名猫です!
あなたの街にももうきたかも知れませんね。
おしゃべりも歌もとても面白いのでぜひ足を運んで下さいね

スポンサーリンク