スポンサーリンク




ロシアモスクワのモジェンド空港発オルクス行きの旅客機がアルグノヴォ村付近で墜落

2018年2月24日

,すロシアモスクワでドモジェドボ空港を離陸したオルクス行きのサラフト航空6W703便、乗員6人、乗客65人搭乗のアントノフAn-148 RA-61704 がモスクワ郊外のアルグノヴォ村付近で墜落したとの情報!

サラフト航空の旅客機がモスクワ郊外で墜落!

飛行機は、離陸してから2分後にレーダーから消えた。

墜落した飛行機の破片がモスクワ郊外のラメンスキー地区の野原で発見され、乗員乗客71人は絶望的。

搭乗者の大半は旅客機が向かっていた南部オレンブルク州の住民だった。

在ロシア日本大使館によると、事故機に日本人が搭乗していたとの情報はないということです。

地図=朝日新聞より引用

ロシアのメディアによると、11日午後2時20分(日本時間同8時)ごろ、モスクワ郊外のドモジェドボ空港を離陸したサラトフ航空機(アントノフ148型機)が直後に連絡を絶ち、墜落した。乗客65人と乗員6人が搭乗していた。

同機はモスクワを発ち、カザフスタンに近いウラル山脈南部の都市オルスクに向かっていた。インタファクス通信は緊急事態当局の情報として、同航空機は森林地帯に墜落。「乗員、乗客の生存している可能性はない」と伝えた。また、同通信は現場付近に到着した救急隊が無数の遺体と機体の残骸を発見したと伝えた。

タス通信によると、事故直後にソコロフ運輸相が現場に向かった。

現場近くでは事故当時、雪が降っており、気温は零下4~5度だったという。

ロシアの24時間ニュース放送「ロシア24」は、プーチン大統領が原因調査のため、特別委員会の設置を指示したと伝えた。(モスクワ=喜田尚)

引用元 : 2018.2.11朝日新聞

スポンサーリンク




71人搭乗の旅客機墜落、全員死亡と発表

モスクワ郊外で71人搭乗の旅客機墜落、全員死亡と発表

インタファクス通信などによると、ロシアの首都モスクワ郊外のドモジェドボ空港を飛び立った南部オレンブルク州行きのロシアの旅客機が11日、離陸後間もなく南東に約50キロ離れたモスクワ州の村で墜落しました。乗客65人と乗員6人の計71人が搭乗しており、ロシアの運輸検察当局者は全員が死亡したと明らかにしました。

ロシアで71人乗り旅客機墜落当局「全員死亡」、モスクワ郊外共同通信

共同通信

旅客機はサラトフ航空が運航。オレンブルク州知事の報道官は暫定的な情報として、同機に外国人は搭乗していなかったと明らかにしました。テロの情報や、墜落地付近の住民の被害情報は出ていません。墜落前に爆発音がしたとの情報があり、残骸は広範囲の雪原で見つかりました。

引用元 : LINE NEWS

 ツイッターより

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク