スポンサーリンク




急きょ行われる衆議院解散総選挙の影響、沖縄の小中学校では、運動会の日程変更が。

2018年2月24日

衆議院解散総選挙の影響❗

スポンサーリンク




運動会の予定変更

今回、急きょ行われる事となった衆議院選挙、

沖縄も各地で影響があらわれているようです。

沖縄では、9月の後半から10月までの日曜日は小中学校の運動会が各地で行われます。

しかし、多くの学校が投票所となるため、小中学校で予定している運動会の日程変更をせざるを得なくなるということです。

また、学校で一番大きな行事である運動会は、離島や県内各地からおじい、おばあがくることが多く、かなり影響を受けそうです。

衆議院解散とは?

衆議院を任期途中で解散させること。

40日以内に衆議院総選挙を行わなければならない。

 

衆議院解散は総理大臣の専権事項?

菅官房長官は、総理の専権事項で解散すると言っているが、

日本国憲法に書かれているわけではない。

日本国憲法では、第7条により衆議院解散権は

天皇の国事行為として定めるとありますね。

しかし天皇は政治に関わってはいけないので、

結局、内閣に衆議院解散の実質的決定権があると

いうわけなんですね。

 

希望の党って何がしたいのか?

急きょ行われることとなった解散総選挙ですが、

また、急きょ、立ち上げる事となった希望の党、

何がなんだか分からない状況の中、民進党が合流するとか?

政権交代だけが目的で、政策も違う民進党を分裂するように

しか見えないのですが、うまくいくのでしょうか?

有権者は自民党と希望の党と何が違うのか見極める必要が

ありそうです。私には違いが分かりません。

 

予言?「希望の党」っていう映画が12年前に作られていた?

2005年 総務省 明るい選挙推進協会の啓発キャンペーンで作られた20分の映画「希望の党」なぜか今の政治と一致する❓

あらすじ

当たり前の権利だからと投票に行かない親と

投票に行くように勧める子供。

しかし、結局親は投票に行かなかった。

選挙結果は独裁的な新党「希望の党」が勝ち、

公約である「本当に未来を考えている子供にも選挙権を

与える」ということで高校生の娘は特別選挙カードをもらう。

また、3回投票に行かなかったという理由でお父さんは

選挙権を剥奪される。

生活の中でも、選挙権のある子供とない親は逆転し、

親のいうことを聞かなくなる。

ある日、娘は戦争に行くことになり、気づいていながら

行動を起こさなかった事を悔やむ日がくる。

出演者:木下 ほうか、楳図かずお (youtubuより)

映画「希望の党」前編

映画「希望の党」後編

 

最後に

改憲派である「希望の党」が同じでないことを祈りたいですね。

投票に行きましょう❗

スポンサーリンク