スポンサーリンク




2月分年金過小支給か?130万人以上が所得税控除されず!原因は?今後の支給額は?

また年金問題〜!

約130万人の人が2月分の所得税の控除がされず、本来の支給額より少なかったようです。このまま申告書を出さないと3月以降まで続きます!

また日本年金機構のミス?

私はまだ関係ありませんが、年金生活している人にとっては、重大ニュースですよね。

該当者は確認しましょう!

130万人以上の人の年金が所得税控除されず、過小支給額に!

130万人の年金受給者が2月分の受給額が本来の受給額よりも少ないことが、日本年金機構の取材より分かりました。

スポンサーリンク




2月分年金の過小支給の原因は?

年金に所得税がかかる人は、

控除を受けるために、毎年申請書をださなくてはいけません。

今回、130万人以上の年金受給者の支給額が

本来の金額より少なかった理由として、

日本年金機構は、申請書の様式や記入方法が

大幅に変更されたため、記入ミスや申請書と気づかずに

記入しなかったりしたことが原因とみているようです。

ただ報道発表はされておらず、

いまだに未提出に気づいていない人がいる可能性が

あると言うことです。

申請書を出さない限り、今後も過小支給が続くようです。

早めの対策が必要です!

早めに報道発表してほしいですね。

足りなかった分は?

どのくらいの金額が少なかったのか、

日本年金機構は明らかにしていないようですが、

関係者によると3万円くらい少なかった人もいると

いうことです。

年金受給者の3万円は大きいです。

対象者は早めに確認した方がいいですね。

今回の130万人以上いるとされる対象者には、

次回4月支給分に足りなかった分を上乗せして

支給するとしています。

早めにに申請書を提出しましょう!

まとめ

申請書を出さない限り、4月以降も過小支給になります。

確認しましょう!

日本年金機構の担当者は、

「お客様への対応を優先して、機構側のミスの全容を把握した上でで、個別のお詫びを検討している」という事です。

日本年金機構:問い合わせ電話

0120-051-217(平日午前8時半~午後5時)

スポンサーリンク