スポンサーリンク




シチグヮチ(お盆)

2018年2月24日

シチグヮチ(お盆)

沖縄のお盆は旧暦で行います。

今年は、新暦の9月3日〜9月5日までの3日間で、各地域では、

エイサーを踊りまわる道ジュネーが見られます。

スポンサーリンク




ウンケー(旧盆入り、精霊迎え)

ウンケーとは、旧暦の7月13日の盆入りです。

ウークイ(送り盆)までの3日間、各家庭で祖先(ウヤファージ)を

迎えます。

果物、お酒、お茶等を供え、生花や提灯で仏壇を飾り付けま

す。

果物のほか、ぐーさんうーじ(グーサンとは杖、ウージとはサト

ウキビ)先祖がグソー(あの世)に帰る時に転ばないように杖がわ

りにおきます。(これは地域によって置かないところもある)

ウンケーはウンケージューシー(沖縄風炊き込みご飯)とナマシグ

ワァー(酢の物)をお供えします。

精霊が使うと言われているソーロー箸を一緒に供えます。

ウンケー(RBC放送)

なかび(中日)

なかびは三度の食事を供え、普通に生活をします。ソーメンや

団子をお供えする家庭が多いようです。でも中日は特別な事は

せず普通にみんなと同じようにお供えすればいいと思います。

この日は、お中元を持って親戚の家をまわる家庭が多いようです。

ウークイ(送盆、精霊送り)

三度の食事を出し、最後の夕食は、かまぼこ、てんぷら、

こんにゃく、昆布、ごぼう、豆腐などの重箱、お餅を、お供えしま

す。

ウークイはなるべく、夜遅くにお送りし、早いと失礼だと言わ

れています。

またあの世で困らないように、お金の代わりであるウチカビ、

ご馳走を家族分の線香とともに燃やし、見送ります。

エイサー

旧盆の間、ご先祖様を供養するために、各地域の青年会がエイサーを踊り回ります。
エイサー

ウークイのお供え物

ウークイが終わると仏壇にお供えられた果物や残った重箱などは、家族で分けて
持ちかえり、翌日の食卓に並びます。

今回は、厚揚げで揚げ出し豆腐を作ってみました。

スポンサーリンク